脂肪吸引手術の内容と手術の流れ

脂肪吸引とは、脂肪の付き過ぎた部分から脂肪組織を除去し、体型を整えるための手術です。

具体的には、カニューレと呼ばれる細い管を使って脂肪を吸引します。
脂肪には皮膚の下に蓄えられている皮下脂肪と、胃や腸の周りを覆う内臓脂肪とがあります。

これらの脂肪を構成しているのが、脂肪細胞です。




脂肪細胞とは脂肪の合成や分解、蓄積をおこなう細胞で、エネルギーを蓄積する役割があります。

太ったり痩せたりするのは、この脂肪細胞が膨らんだりしぼんだりするからであって、細胞の絶対数が増えたり減ったりはしません。そして、この細胞は成人するまでに絶対数がほぼ決まってしまいます。
ダイエットしても簡単にリバウンドしてしまうのは、しぼんだ脂肪細胞がダイエット前の大きさに膨らむからです。
脂肪吸引ではこの太る原因である脂肪細胞を減少させるので、手術後には脂肪がつきにくい身体になります。


豊胸を知るならこのサイトです。

手術に使用する器具には、カニューレとスキンガードプロテクターがあります。

脂肪吸引手術で使用する脂肪吸引器・カニューレとは、脂肪を吸引する細い管のことです。

本当に役に立つ乾燥肌の化粧水情報が探せます。

先端にあけられた数個の穴から脂肪を吸い取ります。繊細かつ緻密でスムーズな動きがカニューレの特徴です。そのため、身体のラインも自然に仕上がります。

また、部位や脂肪量によって太さや長さの異なるカニューレを使い分けることで、より仕上がりを美しくしています。

スキンガードプロテクターとは、脂肪吸引をする際にカニューレの摩擦運動でできる傷跡を保護するためのものです。

ヘアケアの育毛のお得情報を公開します。

肌に優しく、カニューレのコントロールの妨げにもならず、傷口の保護力にも優れています。
これによって、傷跡の目立たない手術が可能になります。

手術の流れは、まず、脂肪吸引する部位をデザインします。どの部位の脂肪をどれくらい除去すれば、理想のプロポーションになるか印をつけます。次に脂肪細胞を止血効果のある麻酔薬でやわらかくし、吸引しやすい状態にします。

その後、カニューレを挿入し、脂肪細胞を吸引をします。


吸引された脂肪は、カニューレにつながったホースを通って、脂肪吸引機に溜まります。



そして、皮膚の切開部を縫合し、吸引部を圧迫固定して手術完了です。

http://matome.naver.jp/odai/2135403459528128301
https://www.facebook.com/Fasting4ta
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%B2%A1%E5%9B%A3